Entry: main  << >>
ひな祭り
0
    「桃の節句」の意味について今日はお話しします。
     
    「桃の節句」という別名は、桃の開花時期になるというだけではなく
    桃の木には邪気払いの力があり、節句を祝うのにふさわしいと考えられたことから
    このように呼ばれるようになったと言われています。
    もともとは穢(けがれ)れを移すための身代わりである形代として使われていた人形(ひとがた)。川に流してしまうことから、素材も藻や紙など質素なものでした。
    これがどうして、今の様に大切に愛でられる存在へと変化していったのか?
    人形作りの技術が発展し、立派なひな人形ができてくると、ひな人形は流すものから飾るものへと変化してきたのです。
    女の子が生まれるとひな人形を用意して、その子の形代お考えて飾り、「どうぞ災いがふりかかりませんように」、また、「美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますように」という願いを込めてお祝いする「初節句」の風習が
    広まっていきます。
    こうしてひな祭りは祓いの儀式であったものが徐々に形を変え、女の子の成長と幸せを願うお祭りとなって庶民の間へ定着していったのです。
    | 2hp-homecare | 08:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>

    Entry

    Comment

    Archives

    Category

    Link

    Profile

    Search

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode